プロミス 総量規制

▽▼今スグプロミスの詳細を確認したい方はコチラ▼▽


プロミス

プロミスの詳細はコチラ!

消費者金融プロミスは総量規制対象外!?

NO!プロミスは総量規制対象のカードローンです!そのため、年収3分の1以上借りるなら銀行カードローンを選ぼう!

 

実は、プロミスやアコムなどの貸金業者は総量規制という法律で年収3分の1を超える融資ができない仕組みとなっています。しかし、銀行は貸金業者に属さないため総量規制の対象ではありません。そのため、年収の3分の1を超える融資を希望するなら、銀行カードローンを選ぶようにしましょう!

 

以下、総量規制対象外でおすすめの銀行カードローンを紹介しています。あなたの条件に合わせて選んでください。

 

⇒総量規制対象外の銀行カードローンはこちら!

はじめてのキャッシングにプロミスが選ばれることが多いですが、プロミスは総量規制の影響があるカードローンです。 総量規制対象外を希望しているときは、プロミス以外の銀行カードローンを選ぶようにしてください。 年収の3分の1を超える借り入れとなるとき、あるいは、専業主婦がカードローンに申込むときは、必ず総量規制対象外カードローンでなければなりません。 プロミスで借りる限度額とは? まず、総量規制の影響があるプロミスでは、自分の年収の3分の1までの融資しか受けられません。 たとえば、年収300万円の方の申込みでは、100万円を上限に限度額が決まります。 また、すでに別の消費者金融からの借入れがあり、2社目以降の申込みでは、他社の残高との合計額が100万円までということになります。 プロミスは、審査のスピードも早く、とても人気のあるカードローンですが、年収の3分の1を超える融資ができない点に注意が必要です。 プロミス以外の総量規制対象外のおすすめは? 総量規制対象外のカードローンは、銀行のサービスになりますので、プロミス以外では、三井住友銀行カードローンなどを選んでみてはいかがでしょうか。 三井住友銀行は、プロミスと同じグループの銀行になりますし、年収の3分の1という制約もありません。 300万円までの希望額なら収入証明書も必要なく、最高800万円までのカードの限度額が設定されます。 専業主婦の利用も認められているローンになりますので、申込みを検討してみてはいかがでしょうか。 カードローンの申込みに必要なものとは? 総量規制対象外を選ぶメリットには、高額融資が見込めるだけでなく、申込み前の書類の準備が簡単な点もあります。 規制の影響がないローンは、収入証明書提出要件もゆるくなりますので、本人確認書類だけ用意すれば良いことがほとんどです。 運転免許証や「健康保険証」+「1点(例:住民票)」、パスポートだけ多く用意すれば申込めますので、誰でも気軽に申込めるのではないでしょうか。 プロミスは三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーズファイナンスが運営する消費者金融であり、総量規制対象だから年収の3分の1までの融資しかできない。 しかし、おまとめローンは別。おまとめローンなら、他社で年収3分の1以上借りていても、それをまとめることができる。しかし、返済専用のローンなので、追加で融資を受けることはできない。 総量規制は、3社借りてるなら3社借りてる金額の合計で判断される。 例えば、年収が300万円の人であれば、総量規制で借りれる金額は年収の3分の1までの100万円までが上限となります。 そして、 A社⇒80万円 B社⇒20万円 借りていたとしたら、A社+B社の合計が既に100万円に達しているので、もうこれ以上は賃貸業者から融資は受けれないということになります。ただし、銀行カードローンなら別です。仮にA社、B社で100万円の融資を既に受けていたとしても、銀行カードローンは総量規制の対象にはならないので、この場合でも借り入れることはできます。もちろん、総量規制に引っかからないからといっても、既に借入れをしていることは審査に影響するので、借入れできるかどうかは銀行の判断になります。 ■総量規制の例外 顧客に一方的有利となる借換え 緊急の医療費の貸付け 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け 個人事業者に対する貸付け 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け (施行規則第10条の23第1項各号) 最短30分という早さで審査回答をしてくれるからスピーディー! カード発行まで最短40分で融資が下りるから急いでいてもOK! 郵送物をなしにすることができるからばれずに申込むことも可能! 口座がなくても借入れOK! 200万円まで収入証明書が不要! はじめてのキャッシングで最も選ばれているのは、消費者金融プロミスではないでしょうか。 プロミスには、「30日間無利息」がありますので、カードの金利負担が少ないのが魅力です。 しかし、プロミスは消費者金融のローンになりますので、総量規制の対象となっている点に注意が必要です。 融資の上限額が法律で決められていますので、希望する金額が借りれるかどうかの確認が必要になります。 プロミスからの融資は年収の3分の1まで! プロミスは総量規制対象外ではありませんので、融資が受けられるのは、自分の年収の3分の1までです。 総量規制は、貸金業法という法律の仕組みの1つで、主に消費者金融やクレジットカード会社を取り締まるためのものです。 もし、自分の年収の3分の1超のお金が必要になっているなら、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことになります。 銀行のローンなら、法律による制限がありませんので、高額融資も見込みやすくなります。 複数の消費者金融の申込みについて ここで、プロミスのような「消費者金融2社に申込めばいいのか?」と考える方がいますが、この考えは危険です。 総量規制は、消費者金融1社ごとに「年収の3分の1」としているのではなく、すべての消費者金融の残高の合計が年収の3分の1までとしています。 すでに年収の3分の1近くの残高がある方は、必ず総量規制対象外カードローンを選ぶようにしてください。 三井住友銀行カードローンがおすすめ! 総量規制対象外からカードローンを選ぶなら、三井住友銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。 三井住友銀行は、プロミスと同じグループの会社になりますので、ほぼ同水準のカードの審査が行われています。 プロミスのような「30日間無利息」はありませんが、カードローンの金利が低金利となっています。 専業主婦への融資も行われていますので、誰でも安心して申込める総量規制対象外となっています。 収入証明書が必要になるとき また、総量規制対象外カードローンを選べば、収入証明書の提出要件もゆるくなります。 100万円程度までの金額なら、どの総量規制対象外を選んでも、収入証明書なしで申し込めます。 面倒な書類を用意せずに申し込めますので、今すぐにでもカード発行の手続きが始められるのではないでしょうか。 プロミスには、「30日間無利息」がありますので、カードの金利負担が少ないのが魅力です。 しかし、プロミスは消費者金融のローンになりますので、総量規制の対象となっている点に注意が必要です。 融資の上限額が法律で決められていますので、希望する金額が借りれるかどうかの確認が必要になります。 プロミスからの融資は年収の3分の1まで! プロミスは総量規制対象外ではありませんので、融資が受けられるのは、自分の年収の3分の1までです。 総量規制は、貸金業法という法律の仕組みの1つで、主に消費者金融やクレジットカード会社を取り締まるためのものです。 もし、自分の年収の3分の1超のお金が必要になっているなら、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことになります。 銀行のローンなら、法律による制限がありませんので、高額融資も見込みやすくなります。 複数の消費者金融の申込みについて ここで、プロミスのような「消費者金融2社に申込めばいいのか?」と考える方がいますが、この考えは危険です。 総量規制は、消費者金融1社ごとに「年収の3分の1」としているのではなく、すべての消費者金融の残高の合計が年収の3分の1までとしています。 すでに年収の3分の1近くの残高がある方は、必ず総量規制対象外カードローンを選ぶようにしてください。 三井住友銀行カードローンがおすすめ! 総量規制対象外からカードローンを選ぶなら、三井住友銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。 三井住友銀行は、プロミスと同じグループの会社になりますので、ほぼ同水準のカードの審査が行われています。 プロミスのような「30日間無利息」はありませんが、カードローンの金利が低金利となっています。 専業主婦への融資も行われていますので、誰でも安心して申込める総量規制対象外となっています。

【最短30分!】審査結果表示でプロミスはお勧め!